違法性という側面|クレジットカード現金化は、お金を作る上で最適な方法です

クレジットカード現金化は、お金を作る上で最適な方法です

違法性という側面

コールセンターの女性

本当にクレジットカード現金化という方法は実際にやっても平気なのか?
おそらく法的にどうなのかという点で心配している人も少なくはないと思います。
クレジットカード現金化は聞きなれない人からすれば不安になるのもおかしくはありません。

まずクレジットカード現金化は、やり方次第で法的にいいかどうかが分かれます。
つまり、結論としては業者選びでその結果が変わるわけです。

たとえば2つの方法が主流になっていることをあなたに伝えました。
ひとつが買取方式という方法になりますが、こちらは主に「古物商」に関する法律が適用されます。
商品を転売する事業をおこなっているところは必ず古物商許可証の取得が必要になり、その際にはあなた専用の番号が配られることになります。
もしクレジットカード現金化を頼もうと考えている業者がこの番号をサイトに載せてない場合は要注意です。

そしてキャッシュバック方式の場合は、主に「景品表示法」という法律が関わります。
これは要するに消費者側が何かしら不利益を生じてしまうことを防ぐためのもので、実際の商品に誇大表現が使われていたり、過大な景品がついたものを購入したお客さんが想定外の損失をしたときに違法として取り扱われます。

ではクレジットカード現金化の際にどうこれが絡んでくるのかというと、まずキャッシュバック方式の場合は主に「粗末で低品質なもの」を買わされてしまう可能性があります。
つまり実際には価値のないものを高額で買うことになるので、この景品表示法に抵触するおそれがあるということです。
もちろん目的は現金化だと思いますので、実際にあなたが大損になることはありませんが、法的に見ればちょっと危ない可能性が懸念されます。
だからこそ、この方式を採用している業者の良し悪しを判断することは難しいといえるでしょう。